脂肪肝とはどんな状態なのかというと、肝臓に中性脂肪が溜まった状態です。 脂肪を摂取すると、その脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)は脂肪(適度に摂ることは必要なのですが、過?に摂ってしまっている人があまりにも多いのが現状でしょう)酸に分解されて、肝臓へと運ばれます。 そして、肝臓では、その脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)酸で中性脂肪(血液の中に存在するものの大半は、トリグリセリドだと考えられています)を作り出します。 その中性脂肪が、肝臓に溜まってしまうと、脂肪肝になってしまうのです。 脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)はそんなに摂っていなくても、アルコールを過剰に摂取すると、肝臓に中性脂肪が溜まってしまうでしょう。 では、健康な人は肝臓に中性脂肪(血液の中に存在するものの大半は、トリグリセリドだと考えられています)が溜まっていないのかというと、健康な人でも、ある程度は溜まっています。 健康な人の中性脂肪の量は、3%〜5%です。 この量は正常な量ですので、問題ありません。 しかし、5%を超えてしまうと、脂肪肝と呼ばれるようになります。 脂肪肝になりやすい年代は、男女ともに40歳前後となるはずです。 脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)肝になっても、症状があまりみられないため、自分で気づくのは難しく、健康診断(献血などでも簡易的に教えてくれますよね)などで検査を受けた時に発見されることが多いようです。 脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)肝を放っておくと、肝硬変や肝臓がんになる事もありますので、脂肪(適度に摂ることは必要なのですが、過?に摂ってしまっている人があまりにも多いのが現状でしょう)肝にならないためにも、脂質やアルコールの摂り過ぎには注意(散漫だとミスやケガが多くなってしまうものです)しましょうー